2012年、村式の動向

Pocket

僕は年末年始はたいてい故郷の広島に帰省して
飲み食いの日々を過ごしているのですが、
今年は妻が出産を控えていることもあって、
地元の鎌倉葉山あたりで妻と二人、のどかに過ごしていました。

のんびりもいいものです。

2012年の村式はどんなことになっているか。
おかげでじっくり考えることができました。

2012年は、
村式という会社自身がビジョンを体現し、
カルチャーを磨いていく活動体となっていて、
スタッフひとりひとりが最高に活き活きして、
まるで生き物のような会社になっている。

ビジョナリーでアホで勢いがあって誠実で、
結果を出せていない部分があっても多くの部分では出していて、
汗臭くもしっかりと前に進んでいる。

村式がよちよち歩きだったころから親身に面倒をみてくれた
小泉会計さんやカヤックさんやEVP榎田さんら、先輩から受けた恩を
目がキラキラと輝く後輩企業や若者に返している。

そしてiichiを軸として、
日本のいいもの(物、者、感覚)を
国内外に売りたい人、伝えたい人の力になっている集団。

そういう風になっていたい。

そういう姿を目指して、今年は

・ウェブ開発
・dan(企業のビジョン&カルチャーを引き出す。いいチームに育てる。)
・ザ・ワールド(日本のいいものを世界中に)

の三本柱の仕事で頑張っていきます!

村式のビジョンに共感してくれた方、是非一緒に
何かおもしろいことをしでかしましょう。
お気軽にご連絡ください。

社員一同頑張って参りますので、
今年も、何卒よろしくお願いいたします!

この記事を書いた人

住吉優
住吉優

広島県呉市出身。大学院を修了後、大日本印刷(株)に入社。ICカード等情報セキュリティシステムの開発や新規事業立ち上げに従事。2006年、仲間とともに村式(株)を創業し代表取締役に就任。日本最大級の手仕事品ECサイト”iichi”や鎌倉特化型クラウドファンディング"iikuni"など数々のインターネット事業を手がける。2013年、鎌倉をITで支援する地域コミュニティ活動「カマコン」に参画。現在は沖縄県の石垣島へ移住し、村式の経営とともに、面白法人カヤック顧問(縄文クリエイター)、石垣市公営塾の講師をつとめる。趣味はブラジリアン柔術、キャンプ。