MURASHIKI BLOG | ブログ 村式株式会社

HOME ALL INSIDE LEARN NEWS WORK シニア

ITの国アルメニアに行ってきた。

Pocket

未知の塊だったアルメニアに行ってきた。直行便がないため片道20時間の長旅。
アルメニアのことを知っている日本人はほとんどいないと思われるが、アルメニアは旧ロシア圏のシリコンバレーと言われ、IT立国を目指している国だ。
バージョン 2

欧米でもなく中東でもなくロシアでもアジアでもない、いろんなものが融合している人口300万人のこの国は、歴史あり、治安よし、飯うましの三拍子揃った国であった!ちなみに物価は日本の約1/4で、在住日本人は3人のみ。美人が多いというのも本当だった。資源の乏しい国だからか、最近はITと教育に力をいれている。

最も衝撃を受けたのは10代の子供たちのためのTumoというアフタースクール。
IMG_1898

アーティストや企業の支援で設立したというテクノロジー&クリエイティブの教育機関である。年間1万人の十代が学んでいて、IT教育環境のクオリティが半端なく高い。ITのみならずアートや音楽、アニメのクラスもある。12歳の子がブロックチェーンを学んでいたのには驚いた!
特筆すべきはその運用モデル。子供たちからは入学費25ドルを貰うだけで、その後は一切必要なし。費用は同じビルに入居している企業の家賃収入(高め)から賄ってるとのこと。学校帰りに楽しく学べる子供たちにとって良いのはもちろんのこと、企業としても将来の有望な人材の採用につながるし、国のためにもなるし、これは本当に凄いエコシステムだと唸った。

PicsArt、ZangiなどのITベンチャーも素晴らしかった。
今は経済的には決して豊かな国ではないけれど、アルメニアはたぶんあと数年もすれば超クリエイティブな成長を遂げる国になると思う。
IMG_1722

不思議な居心地のよい国でした。一緒にビジネストリップをした仲間たちにも大感謝。久々にほぼ意図なく行った旅だったけど、行ってよかった。実に楽しかった。ありがとうございました!

この記事を書いた人

住吉優
住吉優

村式株式会社 代表取締役。 広島県呉出身。前職であるDNP同期の仲間とともに村式を創業。ウェブディレクター・プロデューサーとして、日本最大級の手仕事マーケットプレイス”iichi”、鎌倉特化型クラウドファンディング”iikuni”など数々のウェブ事業を手がける。2013年には、鎌倉をITで全力支援する「カマコン」に参画。 最近ハマっているのはブラジリアン柔術、キャンプ、読書、瞑想、日本酒、広島カープ。日本の偉人100人(致知出版社)では、高杉晋作を執筆。起業、ローカル×IT等のテーマで講演実績多数。

タグ一覧

ALL INSIDE LEARN NEWS TOP WORK シニア