MURASHIKI BLOG | ブログ 村式株式会社

HOME ALL INSIDE LEARN NEWS WORK

年末、是非とも参加してみて欲しいイベントがあります

Pocket

今日はちょっと特別なイベントの紹介をさせていただきたいと思います。

 

2人の宇宙人みたいなぶっ飛んだ先生がいる

村式のクライアントさまの中でも異色の存在である「鎌倉ドクタードルフィン診療所」。

鎌倉は村式オフィスの至近距離にありますクリニックで、難病や解明されない奇病、あるいは余命宣告を受けた方々が、いわば最後の砦として頼りにするお医者様、松久先生です。

サイトをご覧いただけばわかる通り、いわゆる「普通のお医者様」ではありません。ぶっ飛んでいます。

先生の言葉を借りた表現で言うと「宇宙の叡智」を先生を通してコンバートし、患者さんの神経の「流れ」に注入し、ご本人が本来持っているエネルギーをあるべき姿にしていく、というもの。

まあ、ここで手短に説明するのは相当難しいわけですが、日本全国の患者さんが数年先の初診のために列をなして待っている、という紛れもない事実から、その実力のほどを察していただたく。実名は控えますが、誰でも知ってるあの方やあの方やあの方などもドルフィン先生の熱烈な支持者です。

物事を「体感」で捉える村式の代表住吉も、「ドルフィン先生の近くにいるだけで、なぜか元気になる。理屈抜きにエネルギーを感じる!」と大絶賛しています。

 

そのドルフィン先生が「魂の繋がり」と仰る盟友が、以前ご紹介した「不食の弁護士」として知られる秋山先生。

10年以上、食物も水も摂取しないで、文字どおり「霞を食って」生きておられる、それどころか元気はつらつ、活発な活動をされていらっしゃる。やっぱり、ぶっ飛んでいます。

普通は思います。「あり得ない!」と。「仙人か!」と。

 

しかしわたしは、2年前に断食に取り組んだ際、秋山先生の著書『不食という生き方』に出くわし、「食べなくても生きられる」という考え、その実行に興味を惹かれ、次いで『誰とも争わない生き方』を読んで、「そもそも人は誰でももれなく全員、自由。自分の自由を阻害しているのは自分自身」という考えを持っていたので、大いに感銘を受けたわけです。

「情報はいったん頭の片隅においておいて、それが自身の自由を広げるものなら受け入れる、狭めるものなら拒否してもかまわない」
という箇所に腹の底から納得して、目から鱗といいますか。

 

我が道をスイスイと行く2人の宇宙人に、人生の極意を聞いてみよう

さて、年末のイベントというのは、この2人の先生を囲んで、みんなが日頃思っている疑問や人生の課題、漠然と感じている未来への不安や過去の後悔など、あるいはでっかく「宇宙の仕組み」について聞いてみよう、というものです。

自分の常識では考えられなかった大きなヒントを得られると思います。

詳しくはこちらをご覧ください

 

 

そして先日、その秋山先生にお会いすることができました。

 

いや〜、なんというか!

全く論理的でないバカみたいな言い方しかできませんが、、、、、「癒された」。でもごちゃごちゃ説明を言うより、この一言に尽きます。

 

わたしが受けた秋山先生の印象は「極めてバランスされた人」。
一切の過度な力みや構えがなく、かといって仙人のような非現実感でもなく、しっかりと地に足をつけながらも何か一方に傾いたり倒れたりすることなく、まるで鍛えられた体幹と柔らかい筋肉を持つサッカープレイヤーのようにしなやかなもの、を感じました。

そして、「嫌なことはやらない。好きことをする」というシンプルな哲学と、ものごとはすべて一面的でなく、裏も表も、陰も陽もあり、どちらかを否定するでもなく受け入れたところから、本当の光を見ることができるんだよ、と直接お話を聞けて、なんだかとても勇気付けられ、ありがたい気持ちに。

先生ご自身が焙煎されるコーヒーも、ちょっとありえない美味しさだった。。。。。

イベントではこの貴重なコーヒーも参加者に振舞われるそうです!

 

ビジネス視点でも気づきを得られると思います

「癒し」はともかく、日頃のビジネス視点にもたくさんの気づきを得られる機会かと思います。2人の宇宙人先生にぜひ会いに行ってみてください。

 

《イベント概要》

とき: 2017年12月16日(土)13:00 ~ 16:00 (12:30 開場)
会場: 表参道 (詳細は申込者にお知らせ)
参加費: 12,000円
内容:
1.2人の先生プチ講演
2. 「愛」「お金」「健康」「仕事」「食事」など、人生の普遍的なテーマの謎を解く
3.身体のトーン調整、松果体活性化ワーク、シンギング・リンの演奏など体感ワーク
4.気になることを直接先生に聞いてみよう(質疑応答)

詳細・申込ページ

この記事を書いた人

kaorisan
kaorisan

タグ一覧

ALL INSIDE LEARN NEWS TOP WORK