MURASHIKI BLOG | ブログ 村式株式会社

HOME ALL INSIDE LEARN NEWS WORK

マインドフルネスの、その先へ

Pocket

マインドフルネスがブームです

ちょっと前から、世のビジネスハックのひとつの潮流として「マインドフルネス」が挙げられると思います。

人は「今ここ」に意識を集中することで、余計なもの(情報、過密スケジュール、混乱、焦り、ストレスなどすべて)を手放し、結果、軽くなった心で物事に取り組むことができれば、成果も上がりやすくなるよ・・・・

という考え方が基本かと思います。
また、マインドフルネスという言葉はそのまま瞑想法のことを指す、と言う人もいます。

マインドフルネス Google 検索馴染みのない方は検索してみてください。ものすごい数の記事が出てきますよ。

 

マインドフルネス、、、禅、、、瞑想、、、、。

日本由来の「禅」がアメリカに行って、仏教とかお寺色がなくなって課題解決のためのプラグマティックな瞑想法として里帰りした

といったところでしょうか。

元はと言えば仏教もインド発祥。からの、中国→日本→欧米→ワールドワイド

という伝播拡大の旅をしているわけで、「禅」も中国から日本に入ったあとは高度に洗練され、同時に実際的というよりは観念的な「〜道」寄りに発展したと思うのですが、「それは何に役立つのか?」という側面に科学的な光を当てたのがいかにもエビデンス重視のアメリカらしいなと思います。

 

「○○に役立つから、瞑想をする」という目的的な発想は、おそらく日本での禅の思想(とにかく坐れ、話はそれからだ)からは出にくいでしょうが、なんにせよ、人々が瞬間的にでも苦悩から解き放たれ、心の自由を得るのは素晴らしいことだとわたしは思っています。

鎌倉でマインドフルネスフォーラムが開催された

先日は鎌倉・建長寺で「日本の禅の中心地で、初のマインドフルネス国際フォーラム」としてZen 2.0と題したイベントが開催され、参加した方たちが書かれた素晴らしい気づきを得たという旨の記事をいくつも目にしました。

 

先行き不透明なこの時代にあって、なんとなくみんな、「心の何処かが曇り空」という状況なのかもしれず、それでも各人何がしかの光明を探しながら歩いていかざるを得ないもの。「マインドフルネス」はそんな今という時代を生きるヒントを与えてくれるものなのかもしれません。

 

「今ここを生きる」は人類にとって永遠のテーマ

ところで村式としてお世話になっている「ドクタードルフィン診療所」の松久先生も、「宇宙の真理」として毎回興味深いお話を聞かせてくださいますが、彼もやはり

どんな状況であれ、その瞬間、瞬間を全力で生き切ることが最良の人生

と説いていらっしゃいます。

同時に、「〜でなければならない」や「〜するべき」という決めつけや固定観念は、人を不幸にする「縛り」で、勇気を持ってそこから脱却することの大切さを独特の言い回しで表現されています

 

たしかに既存のメソッドや考え方では、直面する課題を克服できない。
世界はどんどん進み、世の中は複雑化しているのですから、これまでのやり方が通用しないのはビジネスの世界にいる人なら嫌という程実例を見ているでしょう。

固定概念から自分を解放することで、大きな課題だと思っていたものが、実はなんでもないことだった、と気付ければしめたものです。

そんな中、世の中には、

ものを食べなくても、元気に生きられる(それどころか、めちゃくちゃ活動的に動いている)

という方もいらっしゃいます。

しない生き方

「不食の弁護士」として知られる秋山佳胤(よしたね)先生です。

食べないでもモリモリ活動できる、ということは、人は食物からエネルギーを得ている(食べなきゃ死んじゃう)ということ自体が固定観念?!

 

・・・・・長くなりましたので、この話はシリーズにしていきます。

それでは、お先に失礼します。次回をお楽しみに!

この記事を書いた人

kaorisan
kaorisan

タグ一覧

ALL INSIDE LEARN NEWS TOP WORK