MURASHIKI BLOG アジア諸国現地マーケット情報、海外向けEC(越境EC)ノウハウ、村式の今

お知らせ すべて テクノロジー ムラシキ 社長 越境EC

【apple pencil対応】おすすめiPadお絵描き用アプリレビュー


5404244758099855814_n

こんにちは、意匠担当のイカです。
年末にiPad Proとapple pencilを購入しました!
普段イラスト仕事はあまりしていないのですが、
時間をかけて描く際は、
アナログ下書き→スキャナ取り込み→adobeソフトで加工(ペンタブはwacomのintuos4)
という流れが多いです。
イラスト描きを仕事でされてる方は多くがこのタイプかと思いますが・・。

プライベートでも落書きは好きなのですが、
スキャナの取り込み作業がめんどくさい、休みの日に自宅のパソコン開くのが億劫などの理由から、いつか性能の良い液タブが欲しいと思っていました。

そんなこんなで、
apple storeでapple pencilを使ってみたところ、いい感じの試用感だったので、思い切って買ってみました!
結果から言うと、すごく楽しいです。買ってよかったです。

apple pencilの使用感

5404244758099855814_n

なんといっても、画面に手をついてしまっても描けるというのがいいですね。
(紙と違って手も黒くならないし、書いたものを擦ってしまうこともない!)
ツルツルする書きごこちも、慣れてしまえば気持ちがいいし、
書き味はアナログ感を大事にしつつ(特に鉛筆系のツールがきもちいい)それとは違った良さもあり、
アプリによって、「ああこれこれ!」っていう線が引けたかと思えば、「こんな感じになるのか〜〜」てなこともあり、
しばらくアナログのお絵かきから離れていた人は、
これでテンション上がって、逆にアナログでもいろいろ描きたくなると思います。
そんなひとにおすすめしたいです。(実際わたしがそうでした)

ちなみに、
塗りや加工はphotoshopやillustratorで慣れてしまってるので、
しばらくは下書きや線画作成をメインに使っていこうとおもいます!

そんな個人的な利用途を背景に、いろいろなペイントアプリを試してみました。
その中から、ラフ・線画作成の際にいいなと感じたアプリの、apple pencilを使用してのレビューをまとめてみました。
使ってみたい方の参考になりましたら幸いです!
紹介しているアプリは、指や市販のタッチペンでも十分にお絵かきが楽しめます。

いいね!と思ったアプリ

ブラシ機能充実!玄人にも人気なペイントアプリ

Procreate
Procreate(プロクリエイト)
有料:720円 (2016年1月現在)

書き味:
イイ!鉛筆はHBと6Bが揃ってます。
6Bでアタリを引くならブラシサイズ60% 透明度30%ぐらいとか、どうですかね。
下書きの透明度はレイヤーの方で変えられますが、
アナログ感を追求したいので、私ははじめからブラシの方で変えてしまいます。
線の反映の体感は早いです。

ペンの傾き感知:
少し大げさかも。ブラシの透明度を下げると丁度いい。
(個人差あると思いますが30~35%程)

ブラシ:
質の良いものが揃っていて、種類も豊富!自作も可能。
精度の高い鉛筆・木炭風デッサンなどができそう。

総評:
ブラシのクオリティは同様のアプリの中ではずば抜けてると思います。
レイヤー機能はもちろん、ブラー・シャープ・ガウス・ノイズ・色相彩度明度調整・カラーバランス・トーンカーブ機能も充実。使いこなせればphotoshopいらずかも。
この精度で700円は、結構お値打ちだとおもいます。
ただ、penでのブラシの種類変更の感度が悪く、イラッとするので指でやってますw

5404244758099855814_n
5404244758099855814_n

漫画作成テンプレートも充実の、機能満載ペイントアプリ

12096004_905246309549750_4360545943535426092_n2
メディバンペイント
無料 (2016年1月現在)

書き味:
可もなく不可もなく。筆圧不透明度のチェックで、ほどほどの抜きの表現。

ペンの傾き感知:
水彩・エアブラシのみ反映。

ブラシ:
デフォルトの鉛筆ブラシは、Procreate程のアナログ感はないです。
水彩ブラシを限界まで細くして鉛筆っぽくしたりもしましたが、あまり変わらず。
なので、配布されているブラシなどを追加するのがいいのかもしれません。

総評:
無料とは思えない多機能ぶり。
カンバス作成時に、漫画原稿用のテンプレートが選べます。四コマテンプレもあり。
原稿サイズも、同人誌・商業用と用意してあり、漫画描きさんは重宝しそう!
LINEスタンプ用テンプレもあったのにはびっくり。
下書きよりも、ペンの質的には線画作成に向いているかも。インポート機能もあり、画像を読み込むと線画抽出するかどうか聞かれるなど、トレースでの用途におすすめです。
(線画抽出の精度は、自分で調整できる余地はありますが、わりとざっくりしてます。)
個人的には、別アプリで書いた下書きを、こっちで編集するのがブームです。

5404244758099855814_n11

なめらかで美しい和筆のドローイングアプリ

12096004_905246309549750_4360545943535426092_n2
Zen Brush2
有料:360円 (2016年1月現在)

書き味:
ブラシサイズ2~3でドローイングに使ってます。
個人的には、正直紙に描くより気持ちいいくらいです。

ペンの傾き感知:
ちょうどいいです。滲みが非常に気持ちいい。
実際の水墨画で筆を寝せての描画は、コントロールが難しいと思うのですが、
デジタルだと均一な滲みが表現できる分、仕上がりの自由度が大きい気がします。

ブラシ:
筆一択なのですが、ブラシサイズや水量の調整により、表現の幅がかなり広がります。
水彩絵の具とは微妙に違う、墨のもったり感も表現されてて感動します。

総評:
墨画専用アプリと思うなかれ。ブラシサイズを2~3にすることで、とても味わいのある筆致になります。
極細の筆の先で均一な濃さの線を引き続けられる気持よさといったら!これはアナログでは難しいので、デジタルの良さの本領発揮ですね。
いろいろ落としたアプリの中で、個人的には一番好きな線の感じです。これで落書きするのがブームです。
ちょうどよく、石黒が食後のおひるねをしているので、描いてみましょう。

5404244758099855814_n111

5404244758099855814_n1

5404244758099855814_n1

アプリのインターフェースも限りなくシンプル。全消去アニメーションがきもちいいです。レイヤー機能があったらより嬉しいのですが・・・!

iPadお絵描きで最初に使ってみたいドローイングアプリ

12096004_905246309549750_4360545943535426092_n2
Sketches
無料(アプリ内課金あり)

書き味:
フリーハンドで直線が気持ち良く引けます。
(それだけ手ぶれ補正が効いちゃってるってことですが)

ペンの傾き感知:
なし

ブラシ:
無料版だとペンの自由度がないので、物足りませんが、機能解放するといい感じになります。デフォルトでパターンブラシが充実してるのが珍しいですね。

総評:
UIもわかりやすく、初めてiPadでドローイングをする時にまずおすすめです。
apple storeで試用した時にも、店頭機に入ってました。アイコンもオシャレだし、ペンのデザインもかっこいいですね。
でもメイン使いではないかな。

5404244758099855814_1

54042447599855814_n1

ちなみに、描いたデータはdropboxで他のPC、ガジェットと共有しています。
タブレット扱いでいいので、そのうちiMacなどでも、pencil使えるようになったらいいのに。

ここには今回載せなかったアプリもたくさんありますが、
特にラフスケッチ用に操作性や機能性が嬉しいものをご紹介しました。
タブレットでドローイングをバリバリやってる方が周囲にいないので、
やってる方はどんな描き方されるんだろうと気になっています。
まだまだデビューしたばかりなので、
レベルが上がってきたら、ペイント編なんかもご紹介できたらと思います!
こんなのおすすめだよ!な情報がありましたらツッコミいただけますと嬉しいです!

@murashiki_tweet
村式公式Facebook

この記事を書いた人

碇野(イカ)

碇野(イカ)

社員の中では古参。 楽しそうにしている人達を見るのが好き。広報担当になったので、 日々記事のネタを探している。リクエスト募集中。 チョコミントアイスとライヴが好き。

タグ一覧

お知らせ すべて テクノロジー ムラシキ 社長 越境EC